柳田写真館(横須賀本店)のホームページをご覧いただきありがとうございます。
柳田写真館には様々な形の「椅子」「スツール」がございます。「スタルク」や「イームズ」「柳宗理」などといった皆さんご存知の有名デザイナー作品はもちろん、希少価値のあるレアものやヨーロッパ調に仕上げた日本家具メーカーの和洋折衷デザインの椅子もございます。
そして、撮影時にはお客様の衣装に合う椅子をセレクトし使用しております。

この度、ウエイティングスペースでながらく使ってきた椅子の張り替えを行いました。有名デザイナーの椅子ではないのですがシンプルな形が気に入って使い続けてきた椅子です。
柳田写真館_横須賀_999_9999
今から30年ほど前、池袋に「ハビタ」というデパート的なインテリア専門店がありました。現在では「ミッドセンチュリー家具」や「北欧家具」なども耳慣れて、さまざまな家具ショップが美しいデザインの椅子を販売しておりますが、当時普通に生活している我々にとって、素敵な家具を見せてくれる間口の広いこのようなお店はなかなかございませんでした。
ちょうどその頃、店内改装を終えたばかりの柳田写真館店内に新しい家具を置きたいという母の希望で私が探し出したお店がこの「ハビタ」、そこで出会ったさまざまな張地を選べるシンプルな形の椅子がこれでした。

今回の張り替えはすべて私一人で行ったのですが、ネジを外すごとに・張地のホチキスを抜くごとにこの椅子の丁寧な仕上げに感動し嬉しかったです。
外から見て美しい椅子でしたが、分解すると普段は見えない内側の造作もとても素晴らしい心のこもった作業がなされておりました。

私も1枚の写真を仕上げるのに数時間かけて「パールのネックレス1粒づつの光沢出し」背後に立たれたお父様の「革靴のキズ修正」など『一目では分からない部分の仕上げ』にも力を入れて日々の作業をいたしております。

この椅子の張り替えを行いながら『見えない部分の丁寧な仕上げが完成形の素晴らしさ』に繋がるんだと改めて実感いたしました。